東二見駅徒歩3分 歯のお悩みは明石市の原歯科まで

お子さんのための歯科治療ガイド

  • ホーム
  • お子さんのための歯科治療ガイド

お子さんの歯を守る治療を

お子さんの健康を願わない親御さんはおそらくいないでしょう。お口の健康に関しても同様のことがいえます。お子さんは自分ひとりではお口をケアすることができません。親御さんがしっかりケアをフォローしてあげる必要があります。そして、親御さんのサポートをするのが私たち、歯医者の仕事です。なるべく痛くない治療を心がける明石市の歯医者「原歯科」が、お子さんのお口の健康を守るための歯科治療ガイドをご紹介します。

子どもが笑顔になれる歯医者をめざしています

大人でも歯医者への通院に苦手意識がある方は多いことでしょう。もしお子さんが、歯医者は「怖い」「嫌い」などの先入観を持ってしまうと大変です。歯医者さんに通ってもらえなくなったり、お口の健康を守るサポートができなくなったり、虫歯にかかったり……と悪循環に陥ってしまうことがあります。

嫌がるお子さんを無理に治療すると、お子さんの心を傷つけ、歯医者嫌いになってしまうことがあります。そうならないように歯医者に行く前には、歯医者の重要性やこれから行う治療をわかりやすく説明しましょう。丁寧に話をすることで納得してもらえれば、自分から積極的に歯科医院に行きたがるようになるかもしれません。

親御さんへのお願い

  • 歯科医院での痛かった経験などを、子どもの前で話さないでください
  • 「悪い子は歯医者に連れて行くよ」などと、歯医者に行くことを脅し文句にしないでください
  • 「痛くないよ」「診てもらうだけだから」というような安易なウソをつかないようにしましょう
  • 泣いたり嫌がったりして治療がうまくいかなくても叱らないでください
  • 治療後は家族みんなで大げさなくらい褒めてあげましょう
  • 次の治療につながるように励まし、自信をつけるような話をしましょう

お母さんから虫歯がうつる?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。そして2歳まで虫歯菌の感染を防ぐことができれば、将来にわたって虫歯になりにくい口腔内環境が整うといわれています。それでは、虫歯になるお子さんはどこで虫歯菌に感染しているのでしょうか?

実は、生活している中でご家族、その中でも赤ちゃんと過ごす時間が一番長いお母さんから感染することがほとんどです。唾液を介して感染すると考えられています。

虫歯菌の感染につながる行為

  • ミルクの温度を確かめるために哺乳瓶に口をつける
  • スプーンやお箸、お皿やコップに口をつけたり、共有したりする
  • 赤ちゃんへのキス(お口だけでなく、手へのキスも)
  • 硬いものを親御さんが咬み砕いてから食べさせる

妊娠中のお口のケアは大切です

妊婦さんは、つわりや食べものの好みの変化により、お口の中のケアがおろそかになりがちです。ホルモンのバランスが変化するので、感染症である歯周炎(妊娠性歯周炎)にかかりやすくなります。この歯周病菌は子宮の収縮を招くことがあるので、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまうことがあります。そのため妊婦さんのお口のケアは欠かせません。歯みがきや口ゆすぎをして、これまで以上にお口の健康に気をつけましょう。

また、生まれてくる赤ちゃんの丈夫な歯の土台づくりのためには、妊娠期に十分に栄養を摂ることが大切です。肉・魚・卵などの動物性タンパク質や大豆製品などの植物性タンパク質をバランスよく食べましょう。

体験イベントでお子さんの歯医者嫌いを克服!小児歯科はこちら

原歯科より患者様への”お約束”

お悩み別診療メニュー

原歯科ブログ

原歯科

〒674-0092
兵庫県明石市二見町東二見891-1